謹賀新年

2020年1月1日 » by admin.kojinyama » No Comments


DSC_2365-4128x2322
謹賀新年
皆様のご多幸をお祈り申し上げます

例年より遅く大晦日に初雪を
観測した彦根でしたが、
年が明けると輝かしい初日に照らされ、
穏やかな元日となり、
多くの初詣客で賑わいました。

Category:荒神山便り »

大晦日から元日の受付時間

2019年12月30日 » by admin.kojinyama » No Comments

大晦日から元日の授与所(おふだ・お守り等)
受付時間について

・大晦日は
午前8:30~午後6:00まで
授与所を開けております。

・元日は
午前0:00~午前1:00までは
授与所を開けております。

・元日午前1:00~午前7:00までは
授与所を閉めさせていただきます。
(参拝はできます)

・年明け午前7:00~午後6:00までは
授与所を開けております。

以上、よろしくお願いいたします。

Category:荒神山便り »

お神札の郵送について

2019年12月21日 » by admin.kojinyama » No Comments

新年のお神札の郵送をご希望の方は、
12月27日(金)までにお申し込み下さい。

12月28日~1月5日までの間は、
お電話によるお申し込みはご遠慮ください。
尚、上記年末年始の期間は、
お神札の発送は致しかねます。

ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

Category:荒神山便り »

晩秋

2019年11月24日 » by admin.kojinyama » No Comments

DSC_2203-4128x2322
DSC_2209-4128x2322
荒神山の紅葉も日に日に色づき、
見ごろを迎えています。

写真上は山頂境内の銀杏
写真下は山麓遥拝殿前

Category:荒神山便り »

奉祝 天皇陛下御即位

2019年11月10日 » by admin.kojinyama » No Comments

DSC_2158-4128x2322
奉祝
天皇陛下御即位

今日も秋晴れの心地よい日となりました。
当神社では新年に向けたお神札配りが始まっています。
9月30に神札大祓式、10月5日に神札頒布式、
10月16日から頒布始めとなりました。
そして10月28日には恒例の秋の代々祭を斎行し、
合わせて天皇陛下御即位奉告祭を執り行いました。

拝殿前には奉祝の懸垂幕を掲げています。

Category:荒神山便り »

秋空の下、社務所現る

2019年10月5日 » by admin.kojinyama » No Comments

DSC_2017-4128x2322 DSC_2019-4128x2322 DSC_2016-4128x2322
社務所の大修復は、屋根瓦が葺き終わり、
素屋根の撤去工事が始まりました。
秋晴れの下、約一年半ぶりに麗しくなった
社務所がお目見えしました。
今後、内装・外装工事が年末まで続きます。

この日は澄み渡った秋空にクレーンが
そびえ立ち、その上高くにハンググライダーも
飛び交う珍しい光景でした。

Category:荒神山便り »

龍の棟瓦

2019年9月7日 » by admin.kojinyama » No Comments

社務所の修復工事も終盤を迎え、
屋根瓦の一番の見どころである
龍が描かれた箱棟の取り行け作業が
行わています。
この龍の彫刻は天保12年に作製された八幡瓦です。
これからも末永く社務所の守護神として屋根高く
お鎮まりいただきます。
DSC_1862-4128x2322
DSC_1865-4128x2322
DSC_1863-4128x2322

Category:荒神山便り »

山頂から花火は見えません

2019年8月26日 » by admin.kojinyama » No Comments

荒神山山頂から花火は見えません。

本日、彦根の花火大会が予定されています。
インターネットの一部の情報によると、
花火見物の穴場スポットとして、
荒神山山頂が紹介されていますが、
山頂から花火が見える場所はありません。

毎年混乱が生じていますのでお知らします。

Category:荒神山便り »

鬼瓦が乗りました

2019年8月7日 » by admin.kojinyama » No Comments

DSC_1689-4128x2322
DSC_1690-4128x2322
厳しい暑さの中、社務所(市指定文化財)
の大修復工事は進んでいます。
この度、修復された一番大きな鬼瓦が
三人がかりで屋根の上に戻されました。

社務所向かって右側の鬼瓦は修理が難しく
新調した部材が多いですが、
左側の鬼瓦は天保十三年に造られた
当初の物を修理して頂きました。

こんなに近くで見られるのも足場のある
今のうちだけです。

Category:荒神山便り »

茅の輪をくぐって無病息災

2019年7月1日 » by admin.kojinyama » No Comments

DSCPDC_0001_BURST20190629164557158_COVER-4128x2322
DSC_1651-4128x2322
DSC_1634-4128x2322
この地域の夏の風物詩、恒例の水無月祭が
今年も6月29・30日に行われました。
29日の宵宮祭では山麓の遥拝殿前に沢山の
夜店も並び老若男女大勢の参拝客で賑わいました。
夕方の空いてる時間帯には8の字を描くように
茅の輪を3回くぐってお参りする人も
見受けられましたが、
夜になって混んでくると3回もくぐれないほどの
行列になっていました。

翌30日の本祭りは水無月祭らしく雨となりましたが、
式典には地域の代表者らが参列し、
玉串を捧げてお参りいただきました。

また、山頂の拝殿では子供が将来にわたって
火の災いにあわないよう祈願するための
代々神楽を受ける家族連れも多く訪れました。

多くの崇敬者の皆さま、
そして沢山の人たちにお世話になって
今年の水無月祭も無事に終えることができましたこと
心より感謝申し上げます。

Category:荒神山便り »