龍の棟瓦

2019年9月7日 » by admin.kojinyama » No Comments

社務所の修復工事も終盤を迎え、
屋根瓦の一番の見どころである
龍が描かれた箱棟の取り行け作業が
行わています。
この龍の彫刻は天保12年に作製された八幡瓦です。
これからも末永く社務所の守護神として屋根高く
お鎮まりいただきます。
DSC_1862-4128x2322
DSC_1865-4128x2322
DSC_1863-4128x2322

Category:荒神山便り »